教えてっ!フルリ

753(七五三)ってなぁに?

七五三

お着物を着たり、神社に参拝をしたり、記念撮影をしたり、男の子の5歳、女の子の3歳と7歳の節目にお祝いをするとされる七五三。現在は3歳の男の子も七五三のお祝いをするご家族が増えており、七五三はお子様をもつご家庭に広く愛されるお祝い事といえます。

しかしながら、初めてのお子様の七五三を迎えられるご家族は特に

  • 七五三はいつやるの?
  • 七五三って何をするもの?
  • 子供や親の衣装はどんなもの?

といった、疑問を持たれる方が多いもの。
そこで今回は、七五三の基本から準備したほうが良いものなど、七五三をご家族皆さんで楽しめるよう、ご紹介いたしますので、ご参考にしてみてください。

七五三の由来とは?

平安時代には、3歳の男女がおこなう、今までは剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」、5~7歳になると初めて袴着る「袴着の儀(はかまぎのぎ)」という儀式がありました。

そして、鎌倉時代には、着物を着る際に紐ではなく帯を結ぶことをお祝いする「帯解の儀(おびときのぎ)」という儀式が行われていました。昔は、子供の死亡率が非常に高かったため、このような節目に、ここまで大きくなったことへのお祝いと、今後の子供たちの成長と発展、幸福を祈願していました。

このような風習が江戸時代になると武家や一部の裕福な商人たちの間にも広まり、【七五三】と呼ばれるようになりました。その後、庶民にもそういった風習が広く知られることとなり、現代の七五三へと受け継がれていくことになったのです。

3歳女の子の七五三とは?

平安時代には男女ともに生後7日で頭髪を剃り、3歳頃までは丸坊主で育てていたといわれています。

これは、頭を清潔に保つことや、次に健康な髪が生えてくるようにとの意味があったようです。そして、3歳の春を迎える頃剃っていた髪を、今度は伸ばし始めるということで「髪置きの儀(かみおきのぎ)」として、お祝いが行われていたそうです。

現在は神置きの風習は残っていませんが、子供たちの健康や幸福を願う行事で変わりはありません。晴れ着という特別な装いで神社に参拝し、これまでの感謝とこれからの祈願を行っています。

3歳向けの着物は、身丈(肩から裾までの長さ)の3倍の布を使用することから「三つ身」と呼ばれています。3歳の女の子は、晴れ着の上に「被布(ひふ)」という袖の無い上衣を羽織る衣装を着ることがおおいとされています。

大人のように硬い帯を締めずに、浴衣を着る際に子供たちがよく使用する兵児帯(へこおび)など幅が広く柔らかい帯を巻き、その上に被布を着ます。(スタジオでは腰ひもを使用しております。)

着付けがとても簡単で、帯の締め付けが少ないぶん着心地が軽く、お着物に慣れていない子供たちにも、比較的負担の少ない衣装といえます。

この被布姿に巾着と草履、そして可愛くせっとしたヘアにお好みの髪飾りを添えれば、より一層華やかに、そして可愛らしい3歳の女の子の七五三スタイルが完成します。

地域の習わしや、ご両親から譲り受けたお着物がある場合は3歳でも被布を羽織らず帯を締めることもあります。その際には1からリボンを作る手結び帯を使わず、最初からリボンが結ばれている作り帯を用いると、お子様の負担になりにくいでしょう。

お着物の素材では正絹(しょうけん)とポリエステルがありますが、着心地がいいのは正絹の着物です。シルク100%で、肌触りがよく高級感があります。

しかしながら、価格も高く、着用後のクリーニング代も高額で日数がかなりかかることが多いです。一方、ポリエステル生地の方がお手頃で、フルセットでも1万円ほどで購入でき、現在では3歳の着物のセットはポリエステル生地が主流となっています。

汚れても自宅で洗濯ができるという大きなメリットもあり、お子様の好みのお着物が種類豊富に販売されている点が広く愛される理由ではないでしょうか。

5歳男の子の七五三とは?

5歳の男の子は平安時代の「袴着(はかまぎ)の儀」「着袴(ちゃっこ)の儀」と呼ばれるお祝いがルーツとされています。

男女共に5~7歳のころになると、初めて袴を着るという儀式で、室町時代には11月15日にその日を定められ、江戸時代には男の子のみの風習として残りました。現代の皇室でも、その習わしを引き継ぎ「着袴の儀」が行われています。

七五三の5歳のお祝いでも3歳同様、子供たちの健康や幸福を願い、参拝に出かけます。その際に着る晴れ着は、着物と袴を着用し、その上に羽織を羽織る、羽織袴というスタイルが主流となっております。

着慣れない衣装で、尚且つやんちゃなお年頃なので、着崩れや汚れないかが不安という親御さんも多いため、洋装のフォーマル衣装(タキシードやスーツなど)を着用して参拝に行かれる方もいます。

また、3歳も同様ですが参道は長く、履きなれないお草履で歩くのは大変・・・ということで、羽織袴を着用し、足元はスニーカーで行くご家族も多く見受けられます。また、参拝は洋装フォーマル衣装、写真スタジオではお着物。というように、向かう先々により、お子様のご衣装を選ばれることも多いようです。

3歳のお着物のフルセットが1万円ほどで購入できるのに対し、5歳の男の子が着用する羽織袴をフルセットで購入した場合、安価な物でも2万円前後からと比較的高価なものが多く、5歳の男の子の場合、購入よりもレンタルを選択するご家族が多い印象です。

7歳女の子の七五三とは?

七五三の7歳のお祝いは、鎌倉時代に行われていた「帯解きの儀(おびときのぎ)」がルーツと言われています。帯解きの儀は、これまで、ひもを使ってお着物を着付けていた子供が、帯を結ぶようになったことをお祝いする儀式でした。

室町時代までは男女ともに九歳で行われていましたが、江戸時代末期になると、男の子は五歳、女の子は七歳と分けて行われ、大人への1歩と考えられていたようです。親から見れば、子供は何歳になっても子供。

と思いますが、ここまでの成長を共に喜び、そしてこれからもすくすくと成長を続けていくお子様を見守り、そして大切にしていくことを家族みんなで再確認するのにふさわしいお祝いといえるのではないでしょうか。

7歳の七五三も3歳、5歳同様に晴れ着と呼ばれる特別な装いに身を包み、神社や氏神様に参拝へと向かいます。大きな神社に行かれる方も多いですが、自宅の氏神様を調べ、そこへご挨拶に向かうのもよいでしょう。

その際のお子様のご衣装は、「四つ身」と呼ばれる子供用サイズのお着物を着用することが一般的です。3歳、5歳に比べ、7歳のお着物は、大人のお着物に近く結ぶ紐の数や装飾品が多く、お着付けやお支度に時間がかかります。

お着物自体が、お子様の益々のご成長を願う意味から、かなり大きめに作ってあるため、現在のお子様の体系に合わせて肩上げ(お袖の長さの調節のこと)や腰上げ(裾の長さを調節すること)が必要になる場合があります。

7歳の女の子のお着物は基本的にはお着物に帯を巻いていきます。
その後、襟元に筥迫と呼ばれる名刺サイズほどの小さな箱を入れます。これは、昔武家の女性たちが、鏡や櫛、お守りなどを入れて持っていた小物入れがルーツとされています。

そのほかに、お扇子、帯締め、帯揚げ、しごき、といったものを次々と飾っていき、すべてお支度が整う頃には、3歳の時よりもより華やかに、より美しい7歳の女の子の装いが完成いたします。

しかしながら、お着物を着慣れないお子様にとっては7歳であっても、多数の帯の締め付けや本格的なお着付けに、抵抗があるお子様も事実です。

そんな時は、本番前に1度お着物を着る練習をしてみたり、お着付けの合間にブレイクタイムを挟むなど、お子様の気持ちに寄り添ったケアが必要になることもあります。

7歳の女の子のお着物は3歳、5歳のお着物よりもはるかにお値段が高く、レンタルで済ませるご家族が多いのが印象的です。

七五三までに決めること

まずは、七五三詣での日程を決めます。七五三で神社に行く日程は一般的には11月15日と、されていますがこの日にちに絶対行かなければいけないという決まりはありません。

お子様やご家族のご都合に合わせて日程を決めているご家庭も多くあります。
また、日本では行事を行う際に『お日柄』を選ぶことが多々あります。

七五三の参拝も『大安』を選ぶご家庭が多くいらっしゃいます。ただし、大安はやはり七五三詣での他、お宮参り、結婚式などで参拝に来られる方が多いため、混雑を避ける場合は、別の日にちを検討したほうがよいでしょう。

特に土日祝日の大安は神社が大変込み合う傾向にあります。11月15日前後の土日祝日もまた込み合うでしょう。
11月にとらわれることなく、天候とご家族のお出かけのしやすい日に合わせて七五三詣でが執り行えたらいいですね。

さて、日にちが決まればそこに向けての準備が始まります。七五三詣での時は、何をするのか。神社に行って、食事をし、そのあとは写真館でお写真撮影をするのか。または、写真撮影は別の日にして、当日は参拝と食事のみとするのか。など。決めることは山積みです。

七五三詣でと写真撮影は別日にすることをお勧めします。理由はただ1つ。
それは、お子様が疲れてしまうからです。朝の早い時間から、お支度をして慣れないお着物姿で神社の本堂まで長い道のりを歩き、かなり体力を消費してします。

その後、写真館での撮影ともなれば2時間以上の拘束時間が予想されますので、お子様の体力的なことも考えますと、お写真撮影はお参りとは別日にする方が時間の余裕もあり、ご家族皆さんのお気持ちにも余裕ができるのではないでしょうか。

ただ、ご両家のお祖父様、お祖母様が集まる日がお参りの日しかないというご家族の方もいらっしゃるので、その場合はお参りに行く神社のなるべく近くの写真館を探したり、中には神社の中に撮影スタジオが併設させていたり、もしくはお参りの際に同行してくれるカメラマンを探すなどの方法も有効でしょう。

そして、お子様やご両親のご衣装の準備へと進んでいきます。
お子様はお参りに和装で行くのか、洋装で行くのか、その衣装はレンタルか購入なのか。お子様のご衣装については各ご年齢ごとに記載致しましたので、ご覧ください。

七五三ご両親の装い

最後に悩むのが、ご両親の装いについてです。
一般的には男性であればスーツや自ジャケットスタイルなどのフォーマルな装い、女性はパンツスーツやワンピースといった装いが多いです。色合いとしましてはベージュ・紺・グレー・黒がおすすめです。

また、お子様がお着物を着られる際は、ご両親も和装でそろえる方もいらっしゃいます。
もちろん、ご両親の装いは洋装でも和装でも問題はありませんが、あくまでもメインはお子様ですので、お子様よりも派手になりすぎないように心がけることを忘れないようにしましょう。

誰よりも楽しい七五三にしたい!その願いフルリが叶えます。

七五三のお参りで、慣れないお着物を着て、長い参道を歩いたり、着慣れないお着物を頑張って着こなしてくれたお子様たち。

そんなお子様たちに、フルリからはもう『頑張って』なんて言いません。いっぱいい~っぱい頑張ったご褒美に、お写真撮影はお子様が楽しく遊びながら、お子様の『あれしたい』『これしたい』という好奇心に寄り添いながらお着物もフォーマルもカジュアルも全力で楽しむスタイルで思い出を残しませんか?

フルリならこんなお写真が残せますよ。

★フルリの七五三撮影はこちら★

Shopinfo

店舗情報

東京・埼玉合わせて3店舗展開しております。

ラ・プリュス 駒沢大学店

ラ・プリュス 駒沢大学店

アン・ロアゾブル 吉祥寺・三鷹店

アン・ロアゾブル 吉祥寺・三鷹店

ル・プティ・ボワ 朝霞店

ル・プティ・ボワ 朝霞店

埼玉県朝霞市仲町2-3-3 藤川ビル2F

048-456-7393